TOP

ハイヤーへの転職とタクシードライバーの経験について

タクシードライバーからハイヤードライバーへの転職を考えている人もいるでしょう。その場合、タクシードライバーで培った経験や知識が転職に有利に働くのか気になるところです。新卒と比べ、転職の場合は色々と不利な面が多いので、少しでも有利になれるように、タクシードライバーでの経験をアピールする必要があります。それぞれの会社や面接官によっても変わってきますが、ここではタクシードライバーとして働いたことが、どのように影響するのか説明します。

まずは、運転技術です。ハイヤードライバーもタクシードライバーと同じように車を運転する仕事であるため、当然、運転技能が重要になります。そのため面接の際、以前仕事をしていたタクシードライバーで培った運転技能をアピールする人もいると思いますが、実際はどの程度評価されるのでしょうか。タクシードライバーで培った経験ですが、ハイヤーの面接では有利に作用することが多いです。実際に乗車するお客さんは企業の重役など、その会社でも一流のサービスを受けている人が多いのが特徴です。そのため、そのような人たちが満足できるよう、しっかりした運転技術のある人が求められます。タクシードライバーとして働いた年数などにもよりますが、他の職種と比べて運転技能が高いことは確かです。実際の面接でもタクシードライバーとして培った運転技能は考慮されるので、選考の際にアピールすることは大切です。

次に接客面です。タクシードライバーは不特定多数のお客さんを乗せて走る仕事であるため、必然的に接客技能も求められます。そのため転職での面接でも、接客技能は高く評価されることが多いです。そのため、面接官からタクシードライバーで仕事をしていた際の接客対応について聞かれることもあるかもしれません。そのときに、これまで経験したことをアピールすれば、有利に作用する可能性が高くなります。また、接客について聞かれなかった場合でも、自己PRをする際に、タクシードライバーで学んだ接客技能をアピールするのもひとつの方法です。

その他にも、おもてなしの心が評価されることがあります。ハイヤードライバーというのは、ひとりひとりのお客さんとじっくり向き合いながらサービスを提供する仕事でもあります。そのため、ときにはタクシードライバー以上のおもてなしの心が求められることもあります。そこで、面接ではこれまで学んだことをしっかり伝えることが大切です。そうすれば合格する確率は高くなります。

ページの先頭へ戻る