TOP

ハイヤードライバーのやりがいとは

運転ドライバーと聞いて多くの方がイメージするのが、タクシードライバーではないでしょうか。タクシーは街中や近所の道路でもよく見かけることがあるので、なじみが多い人もいるでしょう。その他にもバス運転手や、幼稚園や保育園、老人ホームなどの送迎バスのドライバーもあります。このように車を運転する仕事も様々ですが、ハイヤードライバーもそのひとつになります。この仕事は他の運転ドライバーと比べ、色々なやりがいがあることでも知られています。

やりがいのひとつが、お客さんと信頼関係を結ぶことができる点です。そんなの他のドライバーも同じではないかと思う方もいるかもしれません。これは、タクシードライバーと比較してみると分かりやすいです。タクシーの場合、通常は街中などでお客さんを自ら探し、そのお客さんの状況に合わせて運転するのが一般的です。それぞれの車によっても変わってきますが、お客さんを見つけるために街中などを走る距離が増えることもあるでしょう。その一方で、ハイヤーの場合は予約したお客さんの要望に応じ、その場所に迎えに行くのが基本的なサービスです。そのためタクシーのように色んなところを走り回る必要はなく、車にメーターはついていません。タクシーとは異なり1人のお客さんとじっくりと向き合うことができるので、厚い信頼関係を結ぶことができます。

また、生活が安定しやすいのもやりがいのひとつに挙げられます。ハイヤードライバーは、タクシーのように毎回お客さんを探す必要はありません。事前予約が基本であり、その予約したお客さんを相手にするので、タクシーのようにお客さんを確保できないこともなくなります。そのため収入が安定しやすく、同時に生活も安定しやすいです。このように生活が安定していることもあり、仕事以外の私生活の充実も図ることができます。こんなに走っているのにお客さんを確保できないなど、タクシードライバーのように悩むこともないのです。

ハイヤーのやりがいですが、幅広い場面で活躍できることが挙げられます。この仕事はドライバーとしての経験を積むことで、法人との契約を結ぶことも可能になります。法人契約してドライバーになることも可能であり、例えば、有名企業の社長や専務など、重役送迎の専属ドライバーとしても活躍できます。また、海外からの顧客の送迎を任せられることもあります。このように仕事の形態が多種に及んでいるので、語学などを活かしたい場合でもおすすめの職業です。

ページの先頭へ戻る